Multi-stage Blade Hydropower Turbine (多段水力発電タービン)

"MBHT" 

単純な構造で、世界最高の経済性を提供

 
전구원본 로고 완성.png

MBHT (多段水力発電タービン)  技術簡略案内    

1.基本原理 

MBHT技術は、ダムをせき止め、水の圧力で発電タービンを"1回"通過する既存水力発電技術と異なります。
 
MBHT技術とは、川若しくは河川又は鳥類地域と、農水路、火力及び原子力発電所の冷却水排出水路、養殖場、上、下水道その他の水が重力により流れるあらゆる場所で水力発電を行うことができる技術であって、

異物混入防止技術が構成され維持管理が経済的です。

水の位置エネルギーの流れを円滑にしつつ、同じトルクが発生する一定の距離をおき、複数のブレードを連続的に設置構成することにより、

 

製作及び設置費用を革新的に減らすことができ、また構造が単純で維持管理費用を大きく節減できる、

単純な構造の環境にやさしく、世界最高の経済性を提供する水力および少数の水力発電技術です。

 


     (参考事項)
       現存する水力発電所建設費のうち約80%は補償費と基盤施設建設費、

       土木工事費がかかる。

2.基本構成 

       A. 同じ力が生じる可能性がある有効距離を置いて葉っぱを連結して世界最高の

            経済性を提供するクリーンエネルギー生産技術だ。 
            (例:リーフ100kW/h*10 set=1,000 kW/h 発電容量)

       B. ダムを建設する必要はなく、魚流を妨害しない環境親和技術。

       C. この物質の流入を防ぐ技術で構成されており、維持管理コストが安い。
            (水力発電運営において最も困難なのは"この物質"の流入である)

       D. 河川や鳥類地域などの環境によって、経済施設を設置することができる。
           (海底固定式または半潜水式設置可能) 

       E. 重力が流れる管の内部にも設置され、大量の電気を発生させることができる。

3. 世界最高の経済性(「損益分岐点」2-5年以内)
 ​
      設計費用 + 製作費用 + 設置費用 + 運営費用 + メンテナンス費用 + 減価償却費用

      (30年) = "損益分岐点"2 - 5年以内

 
전구원본 로고 완성.png

世界類似技術を見る 

allianz_knowledge_environment_energy_atl
dda7f16eb1143d1f6bf70e2db3acbc4a--tidal-

ヨーロッパダブルブレード潮流タービン

picturebuild5.png
LucidEnergypipte_o8w1zk.jpg
lucid1.jpg

アメリカパイプライン多段タービン

국내 다단.jpg

その他段階的に設置したタービン